ブログトップ

BRESS

mbress.exblog.jp

娘と韓国旅行①

f0000940_21004532.gif
娘と癒しの韓国旅行①
前から約束してた打ち上げと癒しの韓国旅行。
6:30にジョンさん民泊を出て薄暗い町の中を
ガラガラとうるさいトランクの音をさせながら
駅まで歩く女2人。
静かに歩いてガラガラの音を長引かせるか
早足で歩いてガラガラの音は大きいけど
キュッと縮めるのがいいのかとか気にしながら
出発したのである。

札幌に住んでると 神戸と大阪の距離感とか
ごちゃっと近所!くらいに思っていたけれど
実際に生活してみると結構遠いのだ。
民泊から関西空港までは軽く2時間かかってしまう。
それに国内と違って国外に行くには出国審査
という時間のかかる手続きが待っている。
結構ギリギリの時間配分。

スマホで検索した電車の乗り継ぎだと危ういので
駅員に途中で乗り換える早い方法を教えてもらった。
関西空港に行く電車には同じようにトランクを
持っている人々がたくさん乗っていた。
その教えてもらった通り 乗り換える駅で
降りたんだけどトランクを持っている人が
誰も降りない。
「誰も降りないよ?降りたらダメなんじゃない?」
と娘に言って 降りた電車にまた乗ったのだ。

でも実は降りて乗り換えた電車の方が
停まる駅が少ないやつで やはり降りるのが
正解だったのだ。
「駅員さんを信じた方が良かったのに!」
と娘に言われ険悪ムードになってしまった。

自分は皆んなと違うと不安になるつまらない
女なんだなとか 変な反省モードになった笑
そうこうしているうちに空港に着き
予約していたwifiをレンタルしにカウンターへ。
前日に不明点も問い合わせしておいたし
もうバッチリ!

と思ったら
予約してたのは違うwifiレンタル会社だった。
予約もしてないレンタル会社に問い合わせて
疑問点を解決していたというわけなのだ。
なんだか狐につままれたみたい。
(それはそのレンタル会社が言う言葉だねw)

なんとかギリギリな感じだけど間に合って
無事に韓国へ降り立つことができた。
「とにかくホテルに着いてホッとしよう」
を合言葉に娘とリムジンバスへ乗った。
最初はたくさん乗っていた人達も次々と
自分の降りるバス停で降りて 人が減り
最後まで乗っていたのは娘とあたしだけ。

もう少しで着く!と思ったのもつかの間
「○ ★  ∞ # $...」(韓国語)と運転手が
何かを言ってバスを降りてお店の路地に
消えて行ったのだ。
バスの中は取り残された日本人母娘と
ハザードの音だけが響いている。

なんて言っていったんだ?あの運転手は?
話した文章の長さで想像してみた。
「時間が早いから待っててください」
いや そんな短く無かったぞ
「トイレが我慢できなくて大変なので行ってきます」
そもそも文章の長さなんて関係ないのに
雰囲気で合ってる言葉を並べてみたりした。

やっと戻った運転手は何事もなかったように
キレッキレに運転を始めたので
なにがあったかなんて どうでもいいね!
って気持ちになってその件は忘れることに
したあたし達。

ホテルに着いてから
近くを散策して みきちゃんに前連れて
行ってもらった王姫家でご飯食べて
浮かれた娘の買い物に付き合い 
今日は寝ます。
とりあえず 無事について良かったのだ。




[PR]
by mBRESS | 2018-01-21 20:54
<< 娘と2人の韓国旅行② アイドル編 受け入れるしかないんだよね。 >>