ブログトップ

有限会社 BRESS

mbress.exblog.jp

初めてのオープン式典

f0000940_14545284.jpg

f0000940_14545414.jpg

f0000940_14545696.jpg

f0000940_14545818.jpg

f0000940_14545949.jpg
フランチャイズの店舗開発の仕事の
やっと初めてのオープンに行って来ました。

母恋店です。
あたしにとって最初の店だと言うことで
一緒に組んでいる担当者が 呼んでくれました。

オープンは次の日の朝7時!
(やっぱ7時なんだww)
その前の晩にフランチャイズから
新しいオーナーさんへ店舗を渡すと言う式です。

お店の中に入ると既に
商品の陳列も掃除も綺麗に終わっていて
制服を着た社員、バイトの皆さんが
新しい店舗の中ずらーっと並んでいます。
エリアマネージャーや建築施工の皆さんが
1人づつ挨拶をしていきます。

途中でカゴに入った商品のドリンクが
配られたので(なんて親切〜喉乾いた〜)
と缶コーヒーを選んで飲もうとしたら
それは乾杯のドリンクでした笑笑
このパターンはあたしがよくやるやつです。

飲もうとしてたなんて微塵も感じさせないように
静かに蓋を開け 無事に乾杯!パチパチ

しかし缶コーヒーのチョイスは間違っていたと
だんだん分かって来ました。
ペットボトルのお茶ならキャップが出来るけど
缶コーヒーは飲み干さないとならない事を。

来賓の挨拶の後は明日からのスタッフ達の挨拶。
びっくりする程元気な声に
この数ヶ月間きっと練習して来たんだなぁと
微笑ましく見てました。

店長はいろんな思いで準備をして来たんだろうな
涙を滲ませながら感動の挨拶でした。

式も最後になり 皆さんの見ている前で
最初の買い物を偉い人(覚えよう笑)が
するのが決まりのようで
カゴに入った商品をレジに持っていきます。
ピッピッ(バーコードの音)
それを見てオーナーさんも感動してました。
皆さんいろんな事があって今日を
迎えているんだなぁって伝わりました。

母恋の店がオープンする事で
住んでいる多くの皆さんが喜んでいると
聞いています。
多分売上が多い店舗になるはずです。

あたしは皆さんからみたら
全く知らない人なのに来賓の場所にいて
「誰?あの人」と思われていたでしょう笑

もしかしたら オープンを間違えて来て 
この式典に並んじゃった近所の主婦だと
思われてたかもしれません笑
式典が終わったら 「オープンは明日ですよ」
と注意しようとしてた
バイトがいたかもしれません。

いやいやこんなあたしも
数々の涙涙のエピソードがあるんです。
いろいろ書きたいけれど 個人情報になるので
書けないけれど走馬灯のように思い出すと
店長やオーナーさんのように感極まる事が!
最初に地主さん所へ行って泣かされましたから
(これだけは言わせてもらう笑)

お店と駐車場を合わせると
結構大きめな面積になります。
それを1年半かかって1つにまとめたのは
ここにいるあたしですぅ〜 
(あたしだけの力じゃないけどww)
オープン間違えた主婦じゃありません〜
と手を挙げたいくらいでした。

でもね つくづく思いました。
あたしの仕事は裏方なんだなぁって。
主役はこれからこのお店をやっていく
皆さんです!
いいの、あたしの事なんて知らなくていいの涙
(小芝居入り)
カッコつけて思いながら缶コーヒーも
数回に分けてなんとか飲み干しました。
ほんとはオープンを分かち合える仲間がいて
ちょっと羨ましいなぁ〜と言うのが本音。

式も無事に三本締めで終わった時です。
オーナーさんがあたしの元に駆け寄りました。
(知ってますよ〜オープン明日って〜)

「あのどちら様でしょうか?」
キターー!聞いてくれました!
「この土地をまとめるお仕事させてもらった
BRESSの赤松と申します。おめでとうございます。」
「そうだったんですね!失礼しました。
明日から頑張らさせていただきます!」
元気に言ってくださいました。

あぁ いいオーナーさんだ!
やってて良かった〜ありがとう。
頑張ってください。涙 (超単純!笑)

そして あたしは思いました。
これから出来るだけ自分がやった店舗の
式典に出ようって笑笑

嬉しさを分かち合いたいもん。
気持ちだけでも仲間に入れてもらおう。

そして次の時には
ペットボトルのお茶を選ぶと心に決めました笑

母恋の皆さんおめでとうございます。
もう母恋には仕事はなくなってしまって
寂しいけれど買い物に行きます!

写真はホテルのおまけです。
2日目は仕事が空いたのでホテルでこもって
映画三昧しました。
お陰で乾燥しまくって風邪ひいちゃった笑

長々読んでくれてありがとう。




[PR]
# by mBRESS | 2018-12-15 14:53

知らなかった事を知る楽しさ。

f0000940_07105208.jpg

f0000940_07105661.jpg
不動産の仕事の中で
フランチャイズ(コンビニ)の店舗開発という
お仕事も させてもらってますが
あたしが初めてやらせて頂いた第1号店の
建築も終わり今月ついにオープンします。
感無量です。
(そのフランチャイズにとっては何千店目だけど)

もともと不動産の仕事自体よく知らなくて
アパートなどの賃貸くらいしか浮かばなかった
私なので 店舗開発って何?ってレベルでした。

分かりやすく言うと 店舗を作るために
その土地の地主さん達を探して会って 
土地を売ってもらうか 貸してもらうという
不動産のお仕事です。

土地の持ち主の情報は登記簿に載っている
住所しかないので 電話番号も分からないし
まずはその住所へ会いに行くしかないのです。

引っ越ししてそのまま住所変更してない時は
行方不明なので 近所の人に聞き込みしたり
交番へ行って近くにその名前の人がいないか
聞いたり それでもダメな時は
住民課へ行って戸籍を調べるしかなかったり。

住所が分かってもなかなか会えない時は
朝 昼 晩と時間を変えて訪ねてみたり。
ほんと軽く探偵みたいな時もあります。

運良くやっと会えて用件を話した時に
ちゃんと聞いてみたいと思ってくれるか
要らないわ〜とお断りされるか。
その地主さんの運命の分かれ道です。

だって絶対やった方がいいから!
こんな土地の有効活用 他に無いと思います。
実際 地主さんもフランチャイズも
近所の住人も全員が喜ぶ姿を見ると
良かったー!って実感します。

オープンに向けて動いてるのを見ると
「最初は地主さんに会うのに張り込んだっけ」
すごく懐かしく思い出せて楽しいんです。

で、あたしは探偵みたいなゲームみたいな
この仕事が多分すごく好き。
だから 長距離を通ってもやめなかったんだと
思います。


こんなド素人を使ってくれてる
フランチャイズの担当者が前に言ってたのは
ベテランだと「あそこはダメだわぁ」
って最初から答え出されてしまうらしく
あたしは全然分かんないので
言われるままに突撃?していくようで
それで依頼してくれてるようなものです。笑

いいんです それで。笑笑
仕事を依頼してもらえるのは嬉しいから。
世の中にこんな仕事もあるんだって
知らなかったことを知るのが楽しいから。
そして
こんな風に店舗が出来ていくんだ〜って
今までとは違った視点で見れるのも楽しい。

仕事を楽しむ小さな会社 有限会社BRESS
このキャッチコピー通りで良かった!
(キャッチコピーあったんかい!笑)

長々読んでくれてありがとう。


[PR]
# by mBRESS | 2018-12-04 07:10

北海道地震から1週間

f0000940_11020607.jpg
本当に偶然、9月4日に非常用品を
準備しようと前からジョンさんと約束していて
買いに行ってそれからの台風21号と
6日の北海道地震。

用意したばかりのライトやラジオが
こんなに早く活躍することになるとは
思っていなかった。

他にもレトルト食品、箱のペットボトル
電気の要らないストーブ 灯油の備蓄も
したばかりだったから驚いた。
勝手にあたし達は 
次は北海道に何か来る!とは思っていたけど
冬に大雪になって停電すると想定してたのだ

不安な中 いろんな情報が飛び交っていて
あたしも確認してないママ友からの情報を
友達にラインしてしまったりして反省。
(流した人ごめんね)
中には間違ったとしてもいいから流して!と
言ってくれる友達もいた。

優しい声かけしてもらったり、
逆に出来ることしたり 人間いざという時は
助け合うんだね。ありがとう。

レジが電気で繋がっている大型店は
どこも閉まっている時に 個人スーパーでは
電卓で計算して食品を売っていた。
でも全てバーコードなので値段が商品に
付いてなくて
レジの人とスタッフとで叫びながらの確認。
レジ「〇〇の缶詰ーー!」
スタッフ「208円ですーー!」みたいなね。

時間がかかり過ぎてて大変そうだったので
買いたい物の値段を自分でメモして渡したり
店内真っ暗なので懐中電灯で照らしたり
並んでる間にも隣の人と情報交換したり。

近所のコンビニではアイスを無料で配布して
くれて美味しくいただいた。

2日ほど停電で
北海道の状態はラジオでしか分からなかった。
電気が通ってテレビを見て驚いた。
よく見てた被災地に自分たちが置かれている
あっという間にこうなるんだなって。


我が家はみんな(特に男子)
サバイバル生活で盛り上がっていた。
もっとサバイバル的なこと期待してたかも。

レトルト系は全然使わないうちに
買い物も出来たし 日常に戻っている。
ありがとうございます。

今回の地震でまだ避難している方々へ
お見舞い申し上げます。
また亡くなった方々のご冥福をお祈りします。


...オマケ...
今回の清田区の液状化で
清田区の土地を売買する時に多少なりとも
影響があるかもしれないと思っています。
というあたしも清田区民です。
「宅地と言われたから買って家を建てた」と
思われる事もあるかと思いますが
謄本に「宅地」と書いてあっても
広い意味で家を建てることが「出来る」
場所というざっくりした意味なんですよね。
家を建てるのに適している土地という
意味ではない所もあるはずです。
あたしも宅建士になってから知りました。
宅地と言われれば 調査済みと思ってしまう
事もあるかもしれませんね。
家を建てる前には お金をかけても土地調査を
して 地盤を調べる事が大切だと思いました。


[PR]
# by mBRESS | 2018-09-12 11:01

初MRIと初娘のカット

f0000940_19380042.jpg
写真:うちの物置の花が咲いた❤︎

5年前から ずっと体の右側が不調だった。
右の胸に違和感あったり
右手が怠くなったり 冷たく感じたり。

ついに荷物が持てなくなり5年前にも
不調を訴えた病院にいってレントゲンを
撮ると そのまま初のMRIを受けることに。

結果を言うと
首の骨の6番目と7番目から神経が
圧迫されて押し出されてる頚椎椎間板ヘルニア
と診断されてしまいました。

一生付き合って行かなくちゃならなくて。
週に2回はリハビリ生活です汗
でも 手術になるかもしれなかったのが
リハビリで済んで良かった(現在のところは)

原因はひとつじゃないみたい。
あたしの場合は枕が1番の原因で
あとは下の向いての仕事やパソコンとか。
体質も骨は丈夫な方ではないしね。
あとは年齢だよね。年は取りたくないわぁ。

皆さんも気をつけてね。


話は変わって
今日娘に髪を切ってもらいました。
これが↓娘のイメージ。レオンに出てくるマチルダ
f0000940_19541448.jpg

でも出来上がったのは...


↓安藤なつ!笑笑
f0000940_19544471.jpg

もうイヤーー!笑笑
娘のカットが悪いというか...あたしのせい?
素材の問題ね。


では おやすみなさい。




[PR]
# by mBRESS | 2018-08-30 19:37

居眠り

f0000940_06423126.jpg
お盆もそろそろ終わりだ。
今年はサ高住にいる母を連れ出して
10日はお墓まいりして外でご飯食べて
15日は我が家でのんびりと過ごしてもらった。

母は我が家のソファで居眠りをするのが
すごく楽しみなんだそうだ。
家族が仕事や遊びで 出かけたり
帰ってきたりで出入りが多くて
婆ちゃん(母)を見つけて挨拶したり
近況を報告したり 一緒に桃食べたり
ご飯食べたり...

そういうバタバタしてみんなの会話が
聞こえる中で居眠りをすると安心して
気持ちが良いのだそう。

そうやって10〜18時までのんびりと
過ごしてまた施設まで送って行った。
帰る時みんなで背中をなぜられて嬉しそうだった。

泊まるかい?とも聞いたけど
もう施設の方が安心できる場所みたい。
何かあっても24時間対応だもんね。
我が家のみんな夜は絶対起きないし笑

楽しく過ごせてよかった。
また行くね。
また来てね。



[PR]
# by mBRESS | 2018-08-16 06:42

やりたい事やって欲しいと思った日

f0000940_14215909.jpg
ジョンさん義両親騒動で
結局みんなまた一緒に住んでいる
ただひとりサービス付き高齢者住宅に入った
母以外は...。

のけもの感があって 寂しい思いしてるんじゃないかと
あたし 長男 娘と3人でいった時に
「お母さんも戻るかい?家に。いいんだよ」と聞いたら
母「いや いいわ!ここの方が安心だから。
嫌なこと1つもないんだわ〜」
素直にその言葉を信じることにした。

そんな母の楽しみの1つでもある病院。
あたしと娘で付き添った。(移動は車椅子)

先生「変わりないかい?」

母「最近 幻覚見えて たくさんの人がやってきて
宴会開くからうるさくて寝れなかったんです。
この頃は3人にまで減ったけど」

あたし「幻覚って薬とかのせいですか?」

先生「それはないはず。考えられるのは
認知症の初期症状とか...」

あたし「でも自分で幻覚って言っちゃってますよね笑」

先生「普通 認知症の人は本当だと思ってるから
それを幻覚って分かってるなら認知症ではないかな」

母「あたしもね (あんた達幽霊かい?それとも幻かい?)
って聞いてるんだけど 答えてくれなくてね...」

もう診察室中 看護婦さんもみんな
笑いを噛み殺している笑笑

あたし「最近は3人まで減ったみたいだし
そのうちゼロになるかもしれないので
様子みます。」と審査室を出た。
あー可笑しかった!面白いわお母さん!


お昼を病院の中のTully'sで済ませて我が家へ。
メロンを食べて ぐっすり昼寝して
夕食に間に合うように 施設に送った。

お盆は夕飯も一緒に食べようね。
年内は個室風呂付き温泉にも行こう!
やりたいこと たくさんやって欲しいと思った日。






[PR]
# by mBRESS | 2018-07-28 14:21

BRESSという場所

f0000940_20532138.jpg
価値観が違う方が沢山いると思うのですが
自分の考えを書いてみました。


こじんまり小さな会社 有限会社BRESS。
去年の8月1日に復活させて設立して
その3ヶ月後の11月に不動産も扱えるようになり
かれこれ1年経とうとしている。
1年目は不動産業免許取得の経費に消えたので
2年目からが本番と覚悟している。

なんとなく始めて なんとなくお仕事頂けて...
このなんとなくが得意なあたしには
このやり方が性に合っているのだ。
なんとなくというと適当感あるけど
どちらかというと流れに身をまかせる感じかな。

ただひとつ決めていたことは 
人の数だけ部署があるってこと。
例えば いつかジョンさんが入社したら
(出資者なのでその権利はあるw)
ジョンさんがやる部はジョンさんが決めるのだ。
木彫りがしたければ 木彫り部
建物の修理がしたければ 修理部

既にある仕事に人が合わせるのではなくて
人に仕事を合わせていく会社
だから部署の人数はひとり 部長はその人。
そんな会社にしたかったのだ。



戦後は物質的な富を求めた働き方だった
だから 仕事に求めるものはお金と安定だった。
でも もうそんな時代じゃないんだなって
肌で感じるこの頃...
子供たちに会社での愚痴を聞かされる度に
「ほとんど仕事と関係ない事が足かせなんだなぁ」

仕事以外の事で悩んでるのが残念でならない!
仕事自体は面白いんだってわかってほしい!
自分らしくなくなるのなら辞めたらいいのに!
そんな事ばっかり言っていて 鬱陶しがられていた笑

特に現実的な次男は
「お母さんのやり方が全員には当てはまらない」
といつも辛口なのだ。
夢見てるおばさんなんだろうな
あたし的にはすごっく現実的なんだけど。

しかしついに そんなBRESSの
仲間になりたいと言ってきた者がいたのだ!
娘である。笑

実はジョンさんを追いかけ関西に出てた娘
義父さんから追い出され ジョンさんが札幌へ
引き上げたあと ひとり関西に残されたけど
なんとか一人暮らしを始めて 頑張っていた。

頼れる人も居なくて 慣れない仕事で
折れそうな心をなんとか支えていたけれど
札幌では見たことのないゴキブリが部屋に出て
部屋に帰れず ネットカフェや車で寝泊まりし
ついに心がポッキリ折れてしまい
全部引き払い暗い顔で札幌へ帰ってきたのだ。
(娘に了承得て書いてます)

だからBRESSに入りたい!って言うよりも
次の仕事を見つけるまでの繋ぎに入ってきたのだ。
どっちかというと嫌々入ってきたのだ。

「まず 給料は現物支給+小遣い程度の数万円です」
初日に言ったあたしの言葉 笑
「現物支給?」と娘。
「暮らすための部屋、食費、光熱費」
つまりただでうちで暮らせるって事。
(ちなみに本当に現物支給は給料になります)
「えぇー涙」不満マックスな娘。

そんな感じで始まったけど
みるみる娘に笑顔が戻り 笑いが絶えず
毎日ノンストレスで伸び伸び仕事してくれている。
「自分で調べてやって〜」と 仕事を丸投げ!
任すと 苦しみながらも調べてやってくれる。
そして分かってくると楽しそうだ。

他にも自分らしく働きたいのに社会で迷子に
なってる人がいたらBRESSで受け入れられたら
良いんだけどなぁ。
それは非現実的な綺麗ごとなのかな.

仕事は出来るのに仕事以外のことに疲れて 
本末転倒な気持ちになってる若者とか。
自分を押さえて職場や上司に適応するしかないと
思い込んで辛くなってる若者とか。

違う仕事の仕方も知って欲しい
最初はまかないしか出ないけどね。笑
だって仕事出来ないんだからしょうがないさ
入社してすぐちゃんとお給料が欲しい場合は
やっぱ既存の働き方が1番なのだ。

仕事を楽しむ小さな会社 
いろんな考えがある広い世界の中
こんな仕事のやり方があってもいいよねって
そんな会社を目指して生きたいと思うのだ。


長々とりとめのない文章を
最後まで読んでくれてありがとうございます!



[PR]
# by mBRESS | 2018-07-21 20:53

トリップさんのイベントでタロットします。

f0000940_13354275.jpg

f0000940_13354449.jpg

セラピータロットマリの部屋

@tripplus_insta さんの5周年記念に

参加させていただきます。

7月13日 11:00〜18:00

こんな風にイベントに参加させて

もらえる事を想定してなく

趣味で始めたタロットカード

声をかけてもらえて嬉しいです

占いなので 怪しい 嘘っぽい

そう思われてる人もいるかも

しれないけれど

ただその人が引くカードからの

情報はいろんなことを教えてくれます

字画とか誕生日とかも聞かないし

今のその人が引いたカードが

なぜかその人のことを

教えてくれるのが不思議です

迷ってることの心の整理に

カードを引きに来てくださいね。

25分1000円

詳しくは2枚目のフライヤーを見てね❤︎

予約はDMかメールで!

bressbress123@ezweb.ne.jp

#tripplus 

#5thanniversary 

#セラピータロットマリの部屋





[PR]
# by mBRESS | 2018-07-04 13:35

次は伝えられる

f0000940_16250431.jpg

f0000940_16250527.jpg
店舗開発という仕事がありまして
宅建取った後すぐから ずーっと
訳もわからずやってきて一年が過ぎた。

何人もの地主さんと関わるんだけど
先日 そのうちの1人の地主さんから
もっと早く進めてほしい...的なことを言われ
心の中で早くしなくちゃって焦った。
イライラしてるのも伝わってきて
早く出来ない自分が未熟だなって思った。

でも帰りの車のなかで 気持ちの中に
得体の知れない違和感が湧いてきた
なんか違う なんか違うってね。

「時間がかかるものはかかるんですよ」
前に先輩の宅建士が言ってた言葉を思い出した。

あたしの仕事は物事を早く進める事じゃない
順番を超えて早く進めてはいけない
間違いがないように事を進めるのが
あたしの仕事なんだ!って気付けた。

だから かかるものはかかるんだ。
人様の財産を右から左に移す時に関わる
そんな仕事なんだから
早めることなんて出来ないんだ。

イライラしている地主さんにちゃんと
それを伝えれなかった自分。
その事の方が問題なんだって気付けた。

今日は伊達に行く予定だったけど
すごい雨だったので中止にして映画を観た。
「羊と鋼の森」
ちょうど今のあたしにぴったりな映画だった。
自分の仕事について考える事が出来た映画。

次は地主さんにちゃんと
伝える事が出来ると思う。




[PR]
# by mBRESS | 2018-06-08 16:24

5月19日20日セラピータロットマリの部屋

f0000940_09542930.jpg

5月19日20日の2日間

@himehiroko ひろこ先生の

アトリエでイベントします。

20日はセラピータロット

マリの部屋で参加します。

春の新年度も始まったばかり

背中を押せたらいいなと思います。

25分1000円です。

11:00〜16:00まで。

ご予約しなくても出来ますが

お時間が決まってる方は

ご予約をおすすめします。

ただ今 11:00のみご予約入ってます。

ご予約はDMか

bressbress123@ezweb.ne.jpまで

札幌市中央区です。

@marucuru.sweet さん

@murmur_maki さんも参加します。





[PR]
# by mBRESS | 2018-05-07 09:54