ブログトップ

BRESS

mbress.exblog.jp

<   2016年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

流れ。

最近は
出張タロットでよんで頂いたり
プライベートイベントを企画してくれて
お友達やカフェの人合計13名様の
タロットさせてもらったり、そんな風に過ごしてました。

看板の図面を頼まれたりもありました。
もちろん週一の発達障害児童支援ディサービスも
楽しみながらお手伝いしています。
友達とご飯も行ったりね。

でもゆったりした時間もかなり多くて
つまり結構、ひまなんですよ。笑

看板は全く宣伝もしていないけど
時々見積りや相談をうけることがあって
辞めなければ続いて行くんだなぁって思います。

感謝感謝です。

BRESSって名前、今も使ってるし
看板もそのままついたまま。

いつか使うかもって思ったりするから
200%もう使わないって思ったら撤去するつもり。

と言いつつ既に5年目だよね。笑
本当に自分って白黒付けないっていうか付けれないっていうか
様子見が長い長い。

もっとはっきりした人ならとうの昔に
やるならやる!やらないならやめる!って決心するだろうな。

決められない事は決めなくていい!ってとこがあって
そのうち周りの状況が自然と決めてくれるだろうってね。

タロットも必要としてくれる人がいたらやらせてもらうし
誰からも要望なくなればやらないし。
そんな気持ちで居ます。

もうちょっと流れに流されていこうと思います。
読んでくれてありがとう。





    **********************************************************************************



  マリの部屋(タロット)

  BRESSデザイン研究室 





         
*************************************************************************************
[PR]
by mBRESS | 2016-02-26 06:29

シェアハウス生活もあと1年

f0000940_15172511.jpeg
写真:バイトで行ってきた新千歳空港。

もう2月もだいぶ過ぎましたね。
皆様いかがお過ごしですか?

最近はフェイスブックやインスタグラムでの
投稿が増えちゃって ブログが放置気味ですが
ブログはブログで楽しんで更新していきたいです。

今年は娘の最後の学生時代となります。
春には次男も社会人なのでほっとしています。

とりあえず1年間は家からの通勤となると思うけど
来年は実家を出るのか?このまましばらく居るのか?

まだ学生が残ってるので1年は実家に居て
生活費を入れてくれようとしてる次男。
さら〜っとそういうこと考えてくれる気質なんだよね。
あえて言うと嫌がるから言わないけど 感謝してます。

でもうちって実家っていうよりも完全「寮」感覚なんです。
実家暮らしでいいね!って事は全然ないんですよ。

自分のスペースは各自掃除するし、もちろん洗濯も自分。
洗濯に関しては中学からやるというルールもありました。

あたしがびっちりパートしてた時は
全員が役割を分担してローテーションしてたので
料理、トイレ掃除、お風呂掃除、洗面所掃除、掃除機掛け...
すぐに1人暮らし出来るとみんな言うくらい分担してました。

今は母も高齢なのであたしがびっちり働けないので
自分のランチとか小遣い程度のバイトなので
あたしの生活費を免除してもらう代わりに
共有の場所の掃除と料理はあたしがやっています。

自分も生活費を入れてる時は みな平等に家事分担。
あたしが無職の時は家事する代わりに生活費免除。

人情派というか主婦はこうあるべきの母は
最初このドライさに不満があったけど
今はかえって分りやすくていいと思ってるみたい(はず)笑

温泉旅行とか行く時は
母の分は兄が出して 子供の分はあたしが出して
みたいなややこやしいんだけどそこはちゃんとしないとね。

母のオゴリで外食する時なんかいちいち
「今日はばぁちゃんのオゴリです!」とか言わないとならないし。
だれかがお土産買ってきたら「○○のお土産ひとり2個です。」
って書かないとならないし。

きっとシェアハウスならすぐ馴染めると思います。
ってか今がもうシェアハウスだもんね。

マリ銀行も健在ですよ。
手描きの通帳もあるし、長男がパソコンで
収支を管理してくれてるので楽ちんです。

こんなシェアハウス生活も
確実にあと1年で変わる予定です。

小さくこじんまり助け合って生活してきた事で
個人がみんな納得して成長できたな〜って実感しています。

悩んだ時はすぐ相談出来たり、転職もじっくり選択できたり、
病気で入院しても安心出来たり(保険みたい)
学費の捻出が出来たり、少しは貯金出来た人がいたり。

必要なものがみんな違うんだよね。
時間が必要な人、お金が必要な人、相談相手が必要な人
皆が何か足りなくて、誰かがそれを持ってるみたいな。

10代から80代までいろんな考え方があって
いろんな意見が飛び交ったこともたくさんあった。

こんなシェアハウス時代も良かったなって本当に思っています。
メンバー(家族ね)全員にとっていい経験だったはず。
あと1年楽しんで行きたいと思っています。
(まだ学生いるんだった笑 楽しめないね)

春ももうすぐ。



    **********************************************************************************



  マリの部屋(タロット)

  BRESSデザイン研究室 





         
*************************************************************************************
[PR]
by mBRESS | 2016-02-07 14:55